Clarion製品特集 > 平ボディ車両向けバックカメラ CC-1601A

Clarion

平ボディ車両向けバックカメラ CC-1601A

ウイング・バン型の新車に対するバックカメラ装着率は実に約6割を越すほどになっているが平ボディ車には、ほとんど普及していない。

なぜ、平ボディ車にはカメラがついていないのか?

その理由はいくつか考えられる。ひとつは積載していないときは後ろが見れるからということがあるだろうが、技術的にもカメラを取り付ける位置がボディの狭く低い位置に限られる。

さらに低い位置では、一般的なカメラの視野角では狭く十分な視野が確保できないことが理由としてあげられる。今回ここで紹介するのはクラリオンから発売された業界初の平ボディ車向けのバックカメラだ。当然これらの技術的な問題はクリアになっているのが特徴だ。

CC-1601Aの4つの特徴

超広角160°ワイドビュー

高堅牢構造・コンパクトサイズ

防水性 IP69K(最高レベル)

吊り下げ型も可能なブラケット

160°超広角カメラ「CC-1601A」

まったく死角のない超広角視野

従来、トラックのバックカメラの視野角は、120~130°が一般的だが、平ボディ車両特有の低い取付位置からでは、十分な視野範囲が確保できない。ボディと後方視野を確保するには180°近くの視野が必要となるのだ。それを160°の超広角にすることにより解決したのが「CC-1601A」だ。

カメラの視野角 車両後方1m 車両後方3m 車両後方に人がいた場合

車両後方だけでなく、死角となっていた車両サイドまで障害物・人物を検知できる。

高耐久構造と優れた取付性

防水性 IP69K(最高レベル)をクリア

アルミダイキャストのボディは、平ボディ車両下に取り付けることを想定し、泥はねなどの過酷な環境でも耐えられる高耐久構造になっている。

吊り下げ型が可能なブラケット

取付場所が限られる為、吊り下げ型取付も可能。車両カラーになじみやすいシルバー色だ。

車体下から吊り下げ

セミトレーラーにも取付可能(実車取付例)

実写取り付け例
製品説明
型番 CC-1601A
画素 CCD 約25万画素
画角 水平 160°/垂直 130°
外形 W46×H37×D33.8mm
防水構造 IP 69K(最高レベル)
希望小売価格 35,000円(税別)

クラリオン株式会社 会社紹介

商号
クラリオン株式会社
http://www.clarion.com/
本社事務所
〒330-6030
埼玉県さいたま市中央区新都心11-2
TEL:048-601-3700/FAX:048-601-3701
クラリオン株式会社