Clarion製品特集 > デジタルワイヤレスシステム

Clarion

デジタルワイヤレスシステム

クラリオン株式会社(社長:泉 龍彦、以下クラリオン)は、国内車載情報機器メーカーとして初めて、トラック、特殊車両などの幅広い商用車向け2.4GHzデジタルワイヤレスカメラシステム2モデルを発売した。

WLANタイプは映像伝送遅延約100msec(ベストエフォート)を特長とする、送信機一体カメラ「CC-3500A」と受信機ユニット「EE-2178A」で構成する車載用ワイヤレスカメラシステム。
カメラの交換も、システム切り替えが簡単にできるペアリングモードにより容易に行える。車輌装着時の伝送距離は最大9メートル未満で、主に中型までのトラックや、クレーン車などへの装着に対応する。
公衆無線LANと動揺の通信方式であるため、将来的には、スマートフォン連携などの多様性への対応を計画している。

FHタイプはBluetooth(R)等で採用される秘匿性が高く、外来電波に強いFHを採用する送信機一体カメラと受信機一体モニターのパッケージシステム「EE-2179A」。
車輌装備装着時伝送距離最大12メートル未満という長距離化を実現、大型トラックまでの装着が可能。
また、FHタイプでの映像伝達遅延が200msec(ベストエフォート)という業界最小化を実現した。カメラ/モニターに通信モジュールを内蔵する事で、手軽にワイヤレスカメラを実現できるシステムだ。

WLANタイプの場合

映像伝送遅延が業界最少の約100sec(ベストエフォート)を特長とする送信機一体カメラ「CC-3500A」と受信機ユニット「EE-2178A」で構成する車載用ワイヤレスカメラシステム。

FHタイプの場合

Bluetooth®等で採用される秘匿性が高く、外来電波に強いFHを採用する送信機一体カメラと受信機一体モニターのパッケージシステム「EE-2179A」。
WLANタイプの特長 アルミバンボデー推奨:9m未満

送信機は、カメラに内蔵

最小の映像遅延:約100msec(1秒)(ベストエフォート)

コンポジットの映像信号入力を持つモニターであれば、接続が可能

モニター上でベアリング操作を行うだけ

FHタイプの特長 アルミバンボデー推奨:12m未満

送信機は、カメラに内蔵

最少の映像遅延:約100msec(1秒)(ベストエフォート)

変調方式:FH(周波数ホッピング・スペクトラム拡散)方式

受信機内蔵の7インチ液晶ワイドモニター

クラリオン株式会社 会社紹介

商号
クラリオン株式会社
http://www.clarion.com/
本社事務所
〒330-6030
埼玉県さいたま市中央区新都心11-2
TEL:048-601-3700/FAX:048-601-3701
クラリオン株式会社