トラック情報サイト「トラックNEXT」

トラックNEXTは、トラックユーザーとトラック関連メーカーをつなぐトラック情報サイトです

ニュース詳細

前の記事 | 次の記事 >

ロジックスライン20周年記念ラッピングトラック2台制作

2018年10月15日(月)

株式会社ロジックスライン(本社 千葉県成田市 代表 沢田 秀明)は、創業20周年を迎えるにあたり、2台のラッピングトラックを制作し、2018年10月13日(土)に内覧会を兼ねた祝賀会を開催した。
2台のラッピングトラックのうち1台は、成田山新勝寺の「成田祇園祭」「成田太鼓祭り」成田山公園の「紅葉祭り」の模様を写真で大きく貼りだし、「運気上昇のまち成田」と大きく成田市をPRしたトラックだ。同日開催された20周年記念式典において、来賓として列席した成田市市長の小泉一成氏ならびに千葉県議会議員の林幹人氏の両名は、ともに祝辞の中で「とても印象深い」「これが全国を走るかと思うと、感動している。」「沢田社長の熱意と誠実さに感服している」と最大の賛辞を贈った。
また、もう1台のラッピングトラックは千葉デザイナー学院デザイン科2年生の塙和真氏によって手掛けられたもので、20周年記念をコンセプトとしている。同氏は祝賀会の中で「鶴がはばたくところをモチーフにした。これまでの作品の中で一番時間と手間がかかった」と述べた。
 
なお前述の通り、同日はヒルトン成田にて、株式会社ロジックライン20周年記念の式典、ラッピングトラックの内覧会、祝賀会の3部構成で開催され、列席者は社員を含めると200人を超えた。
終始、沢田社長のおもてなしや気遣いがちりばめられており、特に祝賀会では沢田社長自らマイケル沢田と称し場を盛り上げたり、マジックショーや椎名恵によるライブショーなど、飽きることのない内容であった。

ここではその20年の歩みは割愛するが、同社が標榜する安全に対する徹底した指導の背景には、事業もさることながら社員を守るという姿勢がある。操業から今日まで苦労の連続であっただけに「社員」「取引先」に感謝する沢田社長の人柄がうかがえる20周年式典であった。


トラックNEXTでの紹介記事(2014年10月)
運送事業者レポート「安全運転の見本づくり」を目指す


株式会社ロジックスライン概要

■設立:平成10年7月1日 営業開始:平成10年11月9日
■資本金:4,000万円
■本社営業所
〒286-0118 千葉県成田市本三里塚1001-501
  TEL:0476-35-6493 FAX:0476-35-6492
倉庫棟 186坪併設
■成田空港営業所
〒282-0021 千葉県成田市駒井野字天並野2162 成田国際空港内 第2貨物ビル203-3号
TEL:0476-32-8888 FAX:0476-32-8441
■車庫モータープール
成田市小泉487-13
■代表取締役:沢田 秀明