トラック情報サイト「トラックNEXT」

トラックNEXTは、トラックユーザーとトラック関連メーカーをつなぐトラック情報サイトです

ニュース詳細

前の記事 | 次の記事 >

三菱ふそう、新型電気小型トラック「eCanter」発表

2020年8月20日(木)


eCanter新型モデル(撮影用特別仕様車)
・新たに各種先進安全装置を標準搭載し、安全性能を強化
・より進化した「eCanter」でゼロ・エミッション輸送を加速

 三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市)は、電気小型トラック「eCanter®」*に強化した安全装備を搭載し発表した。本モデルは日本国内にて8月よりリース販売を開始し、今後は欧州及びアジア太平洋地域でも随時販売を開始する。

 同社の量産型電気小型トラック「eCanter」は新たに先進安全装置を標準搭載し、安全性能の強化を実現した。新規搭載された衝突被害軽減ブレーキ「Advanced Emergency Braking System:AEBS」は、フロントバンパーに搭載した高精度ミリ波レーダーが前方の走行車両または静止車両や動いている歩行者を検知し、衝突の危険を察知するとドライバーに警報を発し、ブレーキを作動して衝突回避をサポートする。また、車両安定性制御装置「Electronic Stability Program: ESP®**」が車両姿勢をセンサーで常時検知し、カーブでの横転等の危険性が生じた場合、モーター駆動や4輪のブレーキ力を制御し、車両姿勢を適正な状態にして横転の危険回避を支援。さらに、車両逸脱警報装置「Lane Departure Warning System: LDWS」はウィンカー操作を行わずに車両が車線を逸脱した場合、白線認識カメラが車線逸脱を検知し、ドライバーにブザーで注意を喚起し、ドライバーの安全運転をサポートする。

 電動で駆動することで排出ガスが一切出ない「eCanter」は、世界的にますます高まるゼロ・エミッションの輸送ニーズに対して、同社が提供するソリューション。「eCanter」は従来のディーゼル車と比較して騒音がなく、振動も少ないため、市街地での深夜・早朝稼働の配送ニーズにも対応し、特に都市内輸送に適している。さらに、夜間にも充電できるため、作業時間の効率化やドライバーの負担軽減にもつながる。2017年に日本をはじめグローバルで販売を開始して以来、これまでにルート配送や店舗への商品配送等の配送用トラックとして活用されており、環境に配慮したトラックとして国内外のユーザーから評価されているという。

 「環境に配慮した物流ニーズは、世界規模で現在急速に高まっています。三菱ふそうはEVトラックのパイオニアとしてゼロ・エミッション輸送の実現に貢献し、eCanterは国内外の様々なお客様のもとで稼働中です。より新しく進化を遂げたeCanterは、環境に配慮した輸送実現に向けた私たちの取り組みの証です。三菱ふそうはさらに、2039年までに全ての新型車両をCO2ニュートラル化するビジョンの実現に向けた取り組みも今後加速していきます。」(三菱ふそうトラック・バス 代表取締役社長、ハートムット・シック)

 「eCanter」は、今日の都市が抱える騒音や排出ガス、CO2低減の課題を解決する答えとして開発した車両。これまで既に世界全体で160台以上が稼働中で、合計200万キロ以上の走行実績がある。「eCanter」は、車両総重量7.5トンクラス、急速充電では最大約1.5時間、普通充電では最大約11時間の充電で、航続距離は約100kmを確保している。電気駆動システムには、モーター(最大出力135kW、最大トルク390Nm)と、370V・13.5kWhの高電圧リチウムイオンバッテリーパックを6個搭載している。

* eCanter®は、三菱ふそうトラック・バス株式会社の登録商標。
**「ESP®」はDaimler AGの登録商標。